ヒゲ脱毛を繰り返すと色素沈着

ヒゲ脱毛を繰り返すと色素沈着する?

自己処理によるヒゲ脱毛を繰り返していると、色素沈着を起こすことがあります。ヒゲの生えている部位が黒っぽくなり、首の部分と比べるとハッキリと色の違いを感じられるようになります。
色素沈着を防ぐためには、自己処理をやめる以外に方法はありません。
自己処理を続けている以上は、今よりも肌が青黒く変化していくでしょう。

色素沈着の問題を解決するには、永久脱毛をしてしまうことです。永久脱毛が完了すれば、自己処理は不要となります。
シェービングや毛抜きで処理して、肌にダメージを与えることもなくなります。
自己処理をやめると、肌状態は少しずつ正常肌に戻っていきます。
ただし、完全に変色した状態では回復が難しいため、肌の色が変化していないうちに永久脱毛を受けておくべきでしょう。

ヒゲ脱毛は20歳以上ならば、何歳から始めてもよいです。自己処理によるダメージを抑えるためには、なるべく若いころに受けておくべきでしょう。
30代になるとお肌の曲がり角を越えて、肌が非常に傷つきやすくなります。肌が丈夫なころにヒゲ脱毛をするのがベストなので、年代としては20代がいいでしょう。
剛毛の方、青髭が気になる方、お肌が弱い方などは、医療機関でヒゲ脱毛を受けるのが一番です。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ