ヒゲ脱毛に際する赤みの予防法とアフターケア

ヒゲ脱毛に際する赤みの予防法とアフターケア

ヒゲ脱毛を施術すると、髭が生えていた部位が若干赤みを帯びて腫れることがあります。
赤みの症状は、機器の出力が高い場合に強く出る傾向があります。
多くのクリニックやエステにおいては、施術後に冷やしたタオルもしくは保冷剤で施術した部位を冷却することを促しており、しっかり冷やすことにより肌の炎症を抑えることができます。

そもそも、肌が赤くなってしまうのはレーザーや熱により若干のダメージがあるためです。
日焼けした際と同様の軽い炎症が生じることで肌が赤くなるのです。
特に、青ヒゲが目立つ方や髭が濃い方は毛の密度が高いため赤みが強く生じやすいと言えます。
赤くなる症状は、各々のクリニックやエステで行うアフターケアもしくは照射の際の出力により違いがあるもののアフターケアを行うことで、鎮静化に向かい少しずつ解消していきます。

色白で特に目立ちやすいという方や施術後に人と会う約束がある場合は出力を弱めてもらえるか予め相談してみるのも良いでしょう。
出力が弱いと毛根に与えることができるダメージも弱まってしまうため施術回数は通常より増加してしまうものの、出力が弱い方がやけどの症状が現れるリスクが低くなりますし毛のう炎も発生しにくくなります。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ